2017/08/17

株価予測は不可能である : You cannot forecast stock prices

株価は予測に基いて形成されます。

正確な予測をすること自体も困難ですが、他者の予測を予測するのはさらに困難です(大衆がどんな株価予測をするか、あなたは予測できますか?)。

従って、株価の予測は実質的に不可能です。



Stock prices are quoted according to forecasts.

 It is very difficult for us to make precise forecast. But what's more difficult is to forecast other's forecasts. (Do you think you are capable to make reliable forecasts what other people forecast? )

So, in substance, we cannot forecast stock prices.



2017/08/16

時の試練とVALU叩き売り

http://markethack.net/archives/52052723.html

私は、時の試練に耐えて居ない物事は信用しません。

金融・投資においては、リーマンショックを乗り越えた実績を要求します。

その結果、収益の面でもPVの面でもダサい状況が何年も続いています。アテンションが全く得られて居ない訳です。時々それで落ち込んだりもしましたが、この記事を読んで

「そんな軽薄なアテンションは、いらない」

と、堂々とした気持ちになれました。

リターンは僅かですが、彼らに比べれば非常に小さいリスクで運用出来ています。明日、日経が30%下落しても困りません。30%上昇しても困りません。いやむしろ、普段株価を見ないので、来月までそれに気付きません。

PVも僅かですが、学習や調査に忙しく、コメントを確認する時間も、増してや返信を書く時間も無いため、閑散としていないと困ります(でも何故か公開はしておきたい。人間心理は不思議です。)。

よく眠れているのです。



お金になる点だけは、まだチョット羨ましいけど。

2017/08/14

財政ファイナンスの何が問題なんだ?

 財政ファイナンスの何が問題か、考えました。

 金利がプラスになると政府の利払い負担が重くなり(借金返済が大変だから)、加速度的に国債とマネーサプライが増えて(お金を刷って返すしかないから)、インフレ圧力になる事が問題でしょう(お金はすぐに増やせるけど、モノは簡単に増やせない)。

 2017年現在の日本では金利が低いですが、既に国債とマネーサプライは異次元規模で増えています。日銀の金利コントロールが終わる時(終るのか、終るのかは分かりませんが)、反動は急激に出るのではと注目しています。


 …3年前から(涙)


グラフ:マネタリーベース総額  100ミリオン円(億円)単位
https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mb/index.htm/ のデータより作成


2017/08/01

資産配分 170801

 米国短期国債ETF (VGSH) の組み入れを始めました。


思考過程

 現在キャッシュポジションは全て円現金である。これは極端なホームバイアスで、カントリー・リスク大である。
外貨短期国債も常に必要。信用力・軍事力・投資可能性からドル資産とする。期待値は予知不能なので半々を基準とし、5%ホームバイアスをかける。最終配分は JPY:USD = 30:20

 何か安いドル資産を持ちたい。株は高い。債券も高い(金利が低い)。債券の中で短期債券は最も価格変動が少ない。イールドカーブを見ると今は債券が全体的に高いため、短期債券が相対的に安いと言える。


2017/07/12

VALU祭りに感じる信用膨張

 VALUで時価総額1億円超が28人も モメンタム筋が跋扈(ばっこ)http://markethack.net/archives/52049897.html

 なんだか大変な事になっているなあ。仮想通貨には、貨幣と違って国家の保証がない。それだけで充分に怪しい。その上、仮想通貨にしか裏打ちされていない、有価証券に似ているが有価証券でないものにこんな値段が付くとは。

 仮想通貨を売って、現実の通貨を受け取る側は、笑いが止まらないだろうなあ。鼻血ドクドク・アービトラージだ。

 貴重かつ希少な読者様には、絶対に関わらない事を勧めます。今は世界株指数ETFを少しだけ買って、放置が良いと思います(現金だけは却って危ない)。

 私は、口数も友達も少ないので、これに集中します。
 
次の波こそは取る

2017/06/29

イケダハヤトさん

初めてイケダハヤトさんのサイトを見ました。

資産運用の記事でした。
http://www.ikedahayato.com/20170202/68794994.html

バフェットさんが言うところの
" Flimsy Intellectual structures "
でした。嵐が来たら吹っ飛びそうな印象です。




ソーシャルレンディング:元本毀損リスクは、2017年6月以降も永久に存在する(次の金融危機に耐えられるのか?)

確定拠出年金:少額拠出だと手数料割高(肥え太るのはアマクダリアン達)

積立投資:本当に長期継続できるの?(理論の実行は簡単ではない)



ただ、嵐って待つと来ないですよね。

2017/06/23

R.U.D.E

 投資家という、結果が非線形な仕事をする私の、体の欲求は動物的に線形なので、横柄と誤解されるのはやむを得ない。

 要は、いつ成功するか、果たして成功するのか分からなくても、必ずハラは減るのだ。

 一般的な、結果が線形な仕事(公務員とか会社員とか)が出来る性分なら、迷わずそれをすべきだ。投資家なんて、大半の人は進んでなるべきでない。